陈美龄 > 妖精の诗

陈美龄 - 妖精の诗

专辑歌曲


风の吹く 草笛の, さわやか青い草原を, 染めあげる 妖精の, 姿をいつか见かけたら, 春がめぐり来...
风の吹く 草笛の, さわやか青い草原を, 染めあげる 妖精の, 姿をいつか见かけたら, 春がめぐり来たしるしです, 恋にめぐり合うしるしです, 季节の扉のすきまから, 水晶の絵具箱 そっと开くと恋の色, 太阳の ガス灯を, 星の靴はく少年が, 磨き出す 今日からが, あたたか色に変わるのは, 春がめぐり来たしるしです, 恋にめぐり合うしるしです, 季节の扉のすきまから, 太阳の花束が そっと开くと恋の色, 春がめぐり来たしるしです, 恋にめぐり合うしるしです, 季节の扉のすきまから, 太阳の花束...

查看完整歌词


いじわる雨の 日曜日, 気付かぬうちに 书いていた, 私の恋に 出すはずの, 手纸がここに あるので...
いじわる雨の 日曜日, 気付かぬうちに 书いていた, 私の恋に 出すはずの, 手纸がここに あるのです, 明日の阳ざしが あなたの心に, きっと手纸を 届けてくれるわ, なぜかそわそわ してばかり, 雨の心の 私には, 私のことが わからない, 泣き出しそうな 気持です, 明日の阳ざしがあなたの心に, きっと涙を届けてくれるわ, 窓辺にそっと たたずんで, 雨の踊りを 见つめては, ひとりで胸を ふるわせて, 花うらないを するのです, 明日の阳ざしがあなたの心に, きっと愿いを届けてくれるわ,...

查看完整歌词